メニュー

ニュース・ブログ - 健康習慣クラブALIVE,フィットネスクラブ,スポーツジム,平塚市,大和市

ニュース

マグネシウムについて・その⑤

カテゴリ: コラム 作成日:2018年07月25日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、今日もマグネシウムについてですね。

今日はマグネシウムが不足すると起きてしまう症状をご紹介します。

 

・ぜんそく:ヒスタミンが多く産生され、気管支の痙攣や炎症が増大します。

・腸疾患:マグネシウム欠乏は腸機能を低下させて便秘の原因となります。吸収不良や大腸炎の危険性も増します。

・精神疾患:マグネシウムや亜鉛が必須となるセロトニンの生成が不十分になります。

・心臓疾患:マグネシウムの不足はカルシウムの過剰を意味しますが、冠動脈の梗塞を引き起こすリスクが上がります。

・高血圧:マグネシウムの不足は血管の石灰化や血管経の狭小化、または痙攣状態を引き起こします。

・不眠症:マグネシウムが必須のメラトニンの生成が不十分になります。

・骨粗鬆症:マグネシウムの欠乏はヒドロキシアパタイトの結晶構造の形成に支障をきたします。

・がん細胞の増殖:マグネシウムの欠乏はミトコンドリア機能を低下させます。

・筋骨格系の症状:手足や上瞼の筋痙攣、こむら返り、震えなどなど

・精神、神経の障害:集中力の低下、偏頭痛、めまい、手足のしびれなどなど

・その他の症状:生理痛、月経前症候群などなど

 

かなりおおいですが、それでも一例と言われています。

 

マグネシウムが不足するだけで、こんなにも多くの症状が出るのです。

現代人は摂りすぎることなどありませんので、

ぜひ多めに摂取してくださいね(^^)/

 

 

それでは今日はこの辺で!

また水曜日に☆

マグネシウムについて・その④

カテゴリ: コラム 作成日:2018年07月18日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

今日も先週に引き続きマグネシウムについてです。

先週はリンやカルシウムの吸収にもマグネシウムは関わっていることをお話しました。

今日はエネルギー源についてです。

 

私たちの身体はATPという物質をエネルギー源にしています。

このATPは少し複雑で、ADPという物質に分解される時にエネルギーを発生します。

このエネルギーを活用して生命は活動できるわけです。

 

ATPは細かく言うと、ATP-Mg2+というマグネシウムと結合した状態で活用されます。

この状態でなければ活用することはできません。

マグネシウムが不足するということは、

エネルギー不足になるということですね。

 

ここで重要なのはマグネシウムがイオン化しているということです。

マグネシウムも金属ですからね。

水系の人間が活用するには、水に溶けた状態でなければ活用できません。

この辺りはミネラルの総括でお話しますが、

合成サプリメントが危険なのはイオン化しないからですね。

ただの金属を体内に入れても害なだけなのです。

 

マグネシウムはエネルギー源としても活用され、

そしてそれはイオン化されたマグネシウムでなければなりません。

あくまで食材や、良質なサプリメントから摂取することが大切ということですね。

 

この時期は夏バテから栄養バランスが乱れます。

マグネシウムを多く含む食材を中心に摂取していただきたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で☆

また水曜日に!

マグネシウムについて・その③

カテゴリ: コラム 作成日:2018年07月11日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、先週はマグネシウムの体内構成比をみてみました。

極端な話ですが、骨をそのままとってしまえばカルシウムやリンと同じくらいマグネシウムは体内に存在しています。

もちろんカルシウムやリンは貯蔵しなければならないほど重要であり、

摂取や代謝が難しかったために貯蔵して適切なタイミングで利用できるように骨としてストックされるようになりました。

しかし、マグネシウムは少量でも効果があるだけでなく、

不足することなど人類の歴史上ありませんでした。

現代は異常なほどに身体に悪いもので溢れています。

身近に感じる人も多いかと思いますが、

高血圧や高血糖、高コレステロール血症などはマグネシウム不足で引き起こされるケースも非常に多いのです。

 

マグネシウムの働きの一つに他のミネラルとのバランス調整があります。

骨にリンやカルシウムがリン酸カルシウムとして貯蔵されるのも、

血中のカルシウム濃度を補うために骨からカルシウムが溶け出すにも、

マグネシウムが調整役としてかかわっています。

細胞には必要なミネラルを必要なだけ出し入れするための専用機関があります。

それをポンプやチャネルと言いますが、

カルシウムを出し入れするためのポンプはマグネシウムが結合していなければ働かないのです。

 

カルシウムは体内でも各所で重要な働きをしていますが、

正しく働くためにはマグネシウムが不可欠なのです。

 

摂りすぎということはありませんので、ぜひ積極的に摂取していただきたいと思います。

 

来週もこの続きです。

 

それでは今日はこの辺で!

また水曜日に☆

 

マグネシウムについて・その②

カテゴリ: コラム 作成日:2018年07月04日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、前回からマグネシウムについて書いています。

必要な栄養素ですから不足してはいけませんが、

現代人はとにかく摂取不足です。

 

本来マグネシウムはカルシウムと同様に体内に充分貯蓄しておきたいミネラルなのですが、

生物の進化の過程でカルシウムやリンのように貯蔵する機能は会得しませんでした。

しかし骨に多く含まれるカルシウムやリンも、

骨そのものを取り除いたら体内にはマグネシウムを同じ程度の量が存在しています。

 

つまりマグネシウムもカルシウムやリンと同じくらい重要度が高く、

かつ貯蔵機能がないため充分量を摂取しなければならないということですね。

 

マグネシウムはミネラルですから海や土壌に多く含まれていますが、

現代では汚染や食環境の急激な変化により十分な摂取が出来ていません。

意図して摂取しなければ、マグネシウムが不足しているだけで多くの病気になるのです。

 

体内構成比から見ても、その重要度はわかるかと思います。

 

次週から少しずつ、マグネシウムの働きも見てみましょう。

 

それでは今日はこの辺で☆

また来週!

マグネシウムについて・その①

カテゴリ: コラム 作成日:2018年06月27日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、今週からマグネシウムについてお話します。

マグネシウムはALIVEでも最も多く摂取していただきたい栄養素で、

現代人が最も不足しているミネラルです。

マグネシウムを摂るようになって、身体に変化が起きた方も多いでしょう。

 

足がつらなくなる、静脈瘤が改善する、喉の炎症や胃の痛みが治まるなど、

個人差はありますが身体の不備が改善に向かうのは間違いありません。

 

マグネシウムはあまり注目されていないミネラルですが、

女性であれば便秘薬として酸化マグネシウム錠などが有名かもしれませんね。

 

 

ALIVEでは薬としてではなく、不可欠な栄養素として捉えていますから、

日々良質なサプリメントから摂取していただきたいとお伝えしています。

もちろん粗悪なサプリメントでは摂取してはいけませんし、

酸化マグネシウム錠を飲んでもマグネシウムの補給にはなりませんからね。

 

マグネシウムに関しては非常に多くの情報がありますし、

皆様にも知っていただきたいことがたくさんあります。

何週に渡ってお話するかわかりませんが、

ぜひぜひお付き合いください(^^)/

 

来週はマグネシウムの構成について、まずは触れて参ります。

 

それでは今日はこの辺で☆

また来週!

亜鉛について・まとめ

カテゴリ: コラム 作成日:2018年06月20日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、今日は亜鉛についてまとめです。

これまで書いてきたように、亜鉛は現代人が多く摂取すべき栄養素です。

ミネラルにおいてはマグネシウムの次に不足しがちなミネラルですね。

 

先週ご紹介した症状などは亜鉛を摂取することで改善がみられるわけですから、

良質な亜鉛を摂取すれば良いだけです。

 

そして亜鉛が不足する要因となる生活習慣は避けるべきですね。

特にアルコールです。

アルコールは亜鉛不足を最も引き起こす習慣ですから、

飲まないがベスト、ということを知っておきましょう。

最近ブームも去っているようですが、赤ワインも毒ですからね。

 

来週からはマグネシウムについてです。

ここ数ヵ月でご入会された方は、ぜひお読みいただきたい内容です(^^)/

なぜALIVEがマグネシウムを重要だとお伝えしているのか、

少しずつ解説して参ります。

 

それでは今日はこの辺で☆

また水曜日に(^^)/

 

 

 

亜鉛について・その⑧

カテゴリ: コラム 作成日:2018年06月13日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

さてさて、今日も先週に引き続き亜鉛についてです。

亜鉛不足が深刻な現代人ですが、何から摂取すべきかも重要ですね。

間違っても市販の合成サプリメントはやめてください。

いつか月末セミナーでお伝えしますが、身体にとって毒である明確な理由がありますので。

 

今日は亜鉛を摂取することで予防、改善できる症状を見てみます。

医療でも取り入れられている治療法ですが、

正しく摂取すれば私たちも病気も防げるということです。

 

身近な症状から言えば、

・風邪、扁桃腺炎

・口内炎、ヘルペス

・精力の減退

・肌荒れ

・アレルギー疾患

・気管支炎、喘息系の症状

・記憶力の低下

・脱毛症、フケ

 

そして重篤な症状予防のために知っておくべきは、

・聴力障害、耳鳴り

・視力の低下、ドライアイ

・白内障、視神経炎

・ウィルス感染

・甲状腺機能低下症

・インフルエンザ

・前立腺肥大

・糖尿病

 

などが挙げられます。

 

つまり亜鉛が不足すると将来的にこういう症状に陥りやすいということですね。

私も良質な亜鉛のサプリメントを摂取していますが、

興味がある方は仰ってください。

何度も言いますが、合成サプリメントは飲まないでくださいね。

特にミネラルの場合は危険ですので。

 

上記に挙げた症状に心当たりがある方は、

一度亜鉛不足に陥る食性をしていないかチェックしてみてください(^^)/

 

 

それでは今日はこの辺で☆

また来週!

 

 

 

 

亜鉛について・その⑦

カテゴリ: コラム 作成日:2018年06月06日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

前回に引き続き、今日も亜鉛についてです。

今日は亜鉛が不足してしまう要因を再度見てみます。

 

もともと体内においては微量ですが、そのわずかな量すら摂取できていないのが日本人です。

 

まず一つとして亜鉛が含まれていない食事ばかりしているということです。

前回書いた亜鉛を多く含む食材は、現代では意図的に選択しなければ食べることは少ないでしょう。

古代ではそれらが当たり前のように食べられていたのですが、

現代ではそうはならないということですね。

 

そして亜鉛の吸収を妨げるような物質を摂取していることです。

多種ありますが、代表的なものは食品添加物ですね。

添加物は本当に多くの食品に含まれていますから、

それだけで亜鉛不足になるのです。

亜鉛の吸収を高めるとされている、天然のビタミンA群が不足しているのも一つですね。

 

そして亜鉛を排出してしまう食性です。

これは何といってもアルコールです。

以前も書いたようにアルコールを代謝するのに亜鉛が大量に必要ですから、

毎日お酒を飲む人は亜鉛を摂取しなければなりません。

 

そして最後は粗悪な合成サプリメントを摂取している場合です。

薬局でも売られているようなサプリメントは全て危険なのですが、

特に鉄や銅などを合成で過剰摂取すると危険です。

亜鉛が結合すべき酵素にそれらが結合してしまうので、亜鉛が排出されるということです。

 

現代は普通に生活しているだけで亜鉛不足になります。

改善できる点はたくさんありますので、ぜひ何か一つでも取り入れて下さいね。

 

 

それでは今日はこの辺で!

また来週☆

 

 

亜鉛について・その⑥

カテゴリ: コラム 作成日:2018年05月23日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

先週に引き続き亜鉛についてです。

今日は亜鉛を摂取する方法ですね。

 

実は亜鉛は動物性食品に比較的多く含まれています。

 

1位は断トツで牡蠣です。

牡蠣は亜鉛と、そしてグリコーゲンという多糖類の含有量が最も多く、

非常に優れた食材です。

調理法に注意しながらも、頻繁に摂取していただきたい食材なのです。

 

それ以下は、

・アワビ

・豚レバー

・かぼちゃの種

・チーズ

・イワシ

・ピュアココア

・松の実

・マイタケ

・イワシ

 

などの食材が亜鉛を多く含む食材です。

この中ではレバーやチーズはお勧めできませんから、

それ以外の食材で摂取することがおススメですね。

 

ピュアココアは抗酸化作用も高く、身体を温める為女性にはおススメです。

砂糖が入ったココアはだめですよ(笑)

 

これらの食材を知っておくことは大切ですが、

亜鉛のために食材を決めるのも疲れますね(^^;)

私も良質なサプリメントで摂取しています。

 

実はALIVEでも購入していただくことが出来ますので、

自分が亜鉛不足かもしれない、という方は若月までお声掛けください。

まぁ、私も含めてほとんどの日本人が不足しているのですが。。。

 

来週は亜鉛が不足する原因をもう少し深く見てみます。

 

 

それでは今日はこの辺で!

また来月の水曜日に☆

 

亜鉛について・その⑤

カテゴリ: コラム 作成日:2018年05月16日(水)

皆様、こんにちは。

健康習慣クラブALIVEのトレーナー若月です(^^)/

 

毎週水曜日は『栄養』に関する情報をお伝えしてまいります。

皆様の生活に、ぜひお役立てくださいませ☆

 

先週に引き続き亜鉛についてですね。

その働きは重要なものが多いのですが、

だからこそ不足させてはいけません。

 

今週は不足すると引き起こされる症状を羅列します(笑)

ぜひご参考に☆

 

・知覚障害(味覚・嗅覚の異常、視力の低下、白内障)

・成長障害(低身長、体重増加不良、性腺発達障害)

・湿疹、皮膚炎、口内炎、脱毛

・貧血、食欲不振

・骨粗鬆症

・免疫力低下

・慢性肝疾患、肝硬変の悪化

・糖代謝異常

・情緒不安定、記憶力低下、うつ病のリスク向上

・性機能障害、不妊症、性ホルモンの減少

  →男性:精子数減少、ED、前立腺障害、男性更年期障害

  →女性:卵巣機能不全

 

などなど、これだけの症状が引き起こされるリスクが上がります。

 

次週はどうすれば摂取できるかをお伝えしますが、

減らしてしまう原因を再度ご確認いただき、それらを避けるようにお願い致します。

 

 

それでは今日はこの辺で!

また来週☆