メニュー

小川 雄功 - 健康習慣クラブALIVE,フィットネスクラブ,スポーツジム,平塚市,大和市

湘南平塚店

小川 雄功(おがわ たけのり)

生年月日:1984年9月4日
出身地:千葉県茂原市
経験スポーツ:野球
趣味:歴史探索 競馬

  • 加圧トレーニングインストラクター
  • 日本アスレティック医科学協会
  • フィットネスパーソナルトレーナーレベルⅠ
  • 日本アスレティック医科学協会
  • パッシブストレッチトレーナー
staff ogawa2018

メッセージ

健康習慣クラブの魅力

一番の魅力はスタッフとお客さまとの距離が近いことで、よりお客さまのニーズに応えることが出来る、ということです。私は今まで複数のフィットネスクラブで勤務をしてきましたが、その多くはスタッフに対して会員数が多く、一人一人のニーズに応えることが出来ずにいました。勿論接する機会が多いお客さまにはカラダを変えるためのアプローチを数多く提供することは出来ましたが、分け隔たり無く全てのお客さまに同等のものを提供することが一般的なフィットネスクラブでは物理的に難しいのです。そうした歯がゆさから、この健康習慣クラブを作り「お客さま全員のニーズに応える」ことを実現したいと思っています。健康習慣クラブでは「理想のカラダ」を確実に手に入れていただくことを約束します。

 小川 雄功
小川 雄功

健康産業への想い

私は14歳の時に腰椎椎間板ヘルニアを発症し、当時していた野球で思うようなプレーが出来なくなりました。その時の経験から「他の人に同じ思いをさせたくない」という気持ちになり、トレーナーを目指しました。人間は健康無しでは生きていくことが出来ません。健康があるからこそ楽しい人生を送ることが出来るのです。しかしこの健康は最近では当たり前では無くなってきました。健康を作る、病気を予防する、ことに着手することが、健康産業であるフィットネスクラブが背負っている責任です。しかし残念なことにそうなっていないのが現状です。そうした現状打破への一石を投じることが私の使命だと思っています。多くの方に健康を広めることで日本を元気にしたいのです。

現代は健康が当たり前の時代ではありません。健康とは運動・栄養・休養の三位一体で成り立つものですが、社会人になると運動習慣が無くなる、食事は好きなものが手に入る、また食品の多くにカラダに悪影響を及ぼす添加物などが多く入っている、日本は世界の中でも特段睡眠時間が短い、など不健康の要素が世の中には満載です。そうした中で生きている以上、自分の健康は自分で作らなければなりません。当クラブでは運動の提供だけではなく、食事や休養の正しい知識も提供していきます。「成りたいカラダを作る場所」として、健康作りをサポートします。